マンションと駐車場の大切な関係

マンションと駐車場の大切な関係

結婚後のマンション購入

ここでは結婚後のマンション購入について考えてみます。
結婚後の新居にマンションを選ぶ場合、将来の人生設計についても思いをめぐらせる必要があります。
結婚直後は二人暮らしですが、子供が生まれてくる事を考えると十分な部屋の広さが求められます。
子供を何人授かるかは人それぞれで、予定通りにいかない場合もあるかもしれませんが、少なくともマンションの購入を検討するならば考慮すべき点ですね。
当然ながらシングル向けマンションではなく、ファミリーマンションを選択することになるかと思います。
広さは4人家族で約100平米が理想であり、最低でも70平米は欲しいところです。
70平米と言うとだいたい3LDK程度の間取りで、理想の100平米であれば4LDK程度の間取りになります。
実際には最低の広さよりも狭いマンションに家族で生活している多くいらっしゃるようです。
子供が生まれてくるとなると、騒音も非常に心配になります。
子供は大人のように静かにしてくれるはずもなくはしゃぎまわります。
騒ぎすぎるのは注意するとしても、大人しすぎるのは見ていて窮屈そうでかわいそうになってきます。
この点でもやはりシングルマンションではなく、ファミリーマンションの選択肢が生きてきます。
他にも同様に子供を持つ家庭が入居するのがファミリーマンションなので、子供の騒音に関してお互いに寛大になれるという点があります。
それにご近所づきあいなどで、子供の事を相談できる可能性もあり非常に心強いものです。
結婚後のマンション購入のタイミングについても考える必要があります。
住宅ローンを組むにしても初期費用や頭金などがかかりますので、ある程度の貯蓄が必要になります。
当然ながら最初の支払いですっからかんになってしまっては、心細いのでいくらかの余力は残す必要があります。
そう考えていくと300万円以上の蓄えは欲しいものです。
結婚直後は結婚式などで出費も多いため、いきなり購入すると言うのは大半の人には難しいでしょう。
多くの人はアパートなどに住み、貯蓄をし、子供を生んで、いざ購入と言う形になるのではないかと思います。
中々万全の体制で購入に踏み切る事は難しいので、良い物件を見つけたり、補助金の制度が出たりしたタイミングで思い切って決断してしまうのも良いかもしれません。
マンションは買い物ではありますが、資産でもあります。
最悪の場合は売却すると言う手段も念頭に入れておけば、それほど恐れることはありません。
以上、自分の人生設計を良く考えた上で、マンション購入計画を立ててください。