マンションと駐車場の大切な関係

マンションと駐車場の大切な関係

間取りの表記

3SLDK+DEN+WIC、ぱっと見ると何なのか分かりません。
これはマンションなどで用いられる間取りの表記です。
間取りには様々な表記があります。
初めての人の多くはこの間取りの表記に戸惑ってしまう事でしょう。
しかし、この間取りの表記は覚えてしまうととても便利なもの。
是非、この機会に覚えてみましょう。
3SLDK+DEN+WICの意味を解説していきます。
頭の3と言う数字は部屋の数を表します。
上記の表記の場合は3部屋あるという事になります。
次にくるSとは、サービスルームの略称。
サービスルームとは建築基準法で定められた居住スペースに満たない空間。
用途としては納戸のように、物置に使うものとされています。
LDKと言うのは、リビングダイニングキッチン。
食事をする居間とキッチンのことを指します。
他にも食事をするスペースとキッチンをDK。
キッチンのみの場合をKなどと表します。
具体的な定義は特にありませんが、LDK、DK、Kの順番に広いとされるのが一般的です。
ですが、LDKとDKの違いは実際の間取りを見ても良く分からない場合が多いです。
DENとは書斎などにつかう小さな部屋の事。
Sの表記と似たようなものなので、結局のところ部屋をどう使うかは入居者次第という事になります。
一般的には、SよりDENの方が広くなっています。
WICとはウォークインクローゼットの略称。
収納スペースですね。
WICが多ければ、当然収容力もあります。
他にもPS、MBなどと言うものもあります。
電機メーター、ガスメーターの略称ですが、あまりここまで知っておく必要はないかもしれません。
間取りの表記はある程度統一されていますが、細かい決まりは無く不動産会社によってまちまち。
LDKとDKの違いは本当に曖昧で、高級感を出したい時にはLDKと称したりすることもあるようです。
ある意味イメージ戦略の為の言葉遊びのようなものなので、踊らされないように気をつけてください。
おおよその意味を何となく掴んでおけば大丈夫でしょう。